同時に作業|レンタルサーバーがお得!ネットを賢く使用するコツ

レンタルサーバーがお得!ネットを賢く使用するコツ

ウーマン

同時に作業

ネットワーク

複数のCDコピーを同時に実行

1枚のCDから別のCDにデータをコピーする場合、家庭やオフィスなどではパソコンを使って行うのが一般的です。具体的にはディスクトレイにコピー元CDを入れてデータを読み出し、その後コピー先CDと入れ替えて書き込みます。ディスクドライブを追加すれば入れ替えなくても済みますが、それでも基本的には1回に1枚しかコピーできません。しかしCDデュプリケーターという機械を使えば1度に何枚ものコピーCDを作成することができます。枚数は機械のモデルによって異なりますが、最高で10枚ぐらいまでは可能です。現在はCDデュプリケーター専用の機械は数が少なくなっており、いわゆるマルチディスク対応の製品が主流になっています。将来的にはすべてのCDデュプリケーターがこのタイプに切り替わるものと予測されます。

簡単な操作で高速コピー

1度に複数枚のコピーが作れるというほかにも、CDデュプリケーターにはメリットがあります。まず、操作が簡単だということです。パソコンのようにコピー専用ソフトを立ち上げたりする必要もなく、簡単なボタン操作だけで作業が行えます。そもそもパソコンとの接続も不要です。また、1枚当たりのコピー時間もパソコンで作業するよりもずっと短くて済みます。CDデュプリケーターはもともと音楽スタジオなどのプロ用機材として開発されたものですが、一般個人でも購入可能です。ただし市販の音楽CDなどを無断でコピーすると個人であっても罰せられることがあるので注意が必要です。個人レベルでの主な用途としては、講演会の記録音源のコピー、アマチュアバンドのデモ用CDの作成などがあります。